お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2017.06.19
感情に振り回されない方法(メルマガ第244号:2017年6月11日分より)

『感情をコントロールせずに
 思考を整理すること。

 いかに感情に振り回されずに
 自分らしくあるべきか。
 軸を強固に流されないか。

 全ては感情ではなく、
 思考の制御に答えがあります』

 
<< 鈴木の視点 >>

 
仕事をしていると、
感情が入り込むことで
あらゆる複雑なことが起きます。

この仕事面倒くさいなぁ・・・。
あの人はどう思うだろう・・・。
この人は好きになれないなぁ・・・。

感情が実態を複雑にして、
すぐに仕事のスピードも落とします。

でも、自己啓発書を読むと、
”感情をコントロールしろ!”

なんてことが書かれてあるけど、
それって本当?

いつも疑いながらも
丹念に読み込み
心理学の要素を踏まえた実証を。

ところが、どうもできません。

または時間がかかって仕方が
ないのです。

感情というのはやはり魔物で
扱いが難しいんですよね。

感情にムラがあると
成果への道のりは遠回りに。

いくらスタートを頑張っても、
すぐに息切れしてしまっては
意味がないですよね。

感情などモチベーションは、
常にリバウンドするリスクも
伴います。

そこで感情が勝ち気味になって
きたら頭を整理するように
してみました。

この場面ではこの「やり方(型)」を
使って・・・と、仕事を「整理」
しながら型にはめていったのです。

するとどうでしょうか?

複雑で難しい仕事も
「不安、面倒くさい」という
感情に引っ張られることなく
ハイスピードで完遂できるように。

パズルやゲームを楽しむ感覚に
変わったということです。

もちろん、仕事をする上で
情熱は大切です。

ただし、情熱やモチベーションだけで
最後までハイスピードで走りきれるのは、
イメージでいうと松岡修造さん
くらいでしょう。

決して無理をしないでください。
強い心がなくても安心して下さい。

「感情に振り回されず」
「感情をコントロールせず」が肝心です。

コントロールできないことに
時間を割かずに、
自らコントロールできることに
専念しましょう。

感情や意志に頼った仕事方法は、
結局スピードも上がらず
「忙しい」から解放されなく
なってしまいます。

では、どうやって
頭を整理すれば良いのか。

一番簡単なことは、
頭の中にわき出たことを
全て紙に書き出すこと。

かっこういい文章も答えも不要です。

思いつくまま、そして書き出すのは
感情のままでもOKです。

するとどうでしょうか?

書けば書くほど客観視して
自分はこう考えていたのか・・・
こういう気持ちだったのか・・・と、
あらたな気づきが生まれます。

そして書いているうちに
なぜだか気持ちまで
落ち着いてきます。

書き出すことで頭を整理することは
書く瞑想とも呼ばれているほどです。

あっ、感情が仕事の邪魔を
してきたな??

こう思ったら、すぐにメモに
全てを書き出してみましょう。

これだけでいいのです。

いいですか?

感情はコントロールせずに、
ただ吐き出す(書き出す)だけ。

たったこれだけで、
感情の問題はパズルを解くように
冷静に思考の整理のモードに
切り替わりますよ。

お試しあれ~。

 

<特典!>

「思考を整理して自分に革命を起こす方法」
小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼ 「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラか

▼  「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ