お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2017.06.19
自分とのアポイントをとること(メルマガ第246号:2017年6月18日分より)

『他人のアポイントは後回しに、
 自分とのアポを最優先に。

 これは思考の整理時間をとるための
 大鉄則です。

 ゆとりが出たら・・・と思うと
 いつまでも先延ばしになってしまう。
 これが原理原則です。』

 
<< 鈴木の視点 >>

 
「時間の意識を高めても、
現実は他人に振り回されて
しまって時間の主導権を
もてないのです」

これはよくクライアントから
でてくる嘆きのセリフです。

最近、思考の整理とともに
”時間の整理”についての
ご相談もよく受けるのです。

そこでいつもお伝えするのは、
「他人のアポではなく、
まずは自分にアポをとれ!」
ということです。

商談や打ち合わせなど
他人との時間で避けることが
できないものがあります。

自分でコントロールできない
時間も1日のうちで大半を
占めることでしょう。

しかし、そのまま放っておくと
自分自身でこなさなければ
いけない作業は常に滞って
しまいます。

自分の付加価値を出す時間も
思考の整理時間もなくなって
しまいます。

先に入れてしまった他人との
アポイントにどれだけ自分主導の
ものがあるでしょうか?

1分間スケジュール帳を開き、
振り返ってみてください。

放っておくと、他人との時間や
依頼事などですぐに
スケジュール帳が埋まってしまうもの。

時間の主導権を取り戻すためには、
他人とのアポイントを先に入れて、
余った時間に自分の時間をとる
という従来の手法を捨てて
みましょう。

先に自分主導の時間
(もしくは自分の時間)を
スケジュール帳に書き込み、
余った時間で他人との時間を
入れていくのです。

もちろん例えば定例会議など
決まった他人との時間もあって、
全て思い通りにいくわけでは
ないかもしれません。

しかし、発想の転換をすることで
これまでのアポのうち、一定割合は
自分主導に取り戻すことが
可能になります。

風穴を開ける意味でも、
これくらい極端な意識の
切り替えから始めるのです。

いかがでしょうか?

思考の整理と時間の整理、
思考の整理のための時間の整理方法。

もっと自分中心に
わがままスケジューリングを!

 

<特典!>

「思考を整理して自分に革命を起こす方法」
小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼ 「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラか

▼  「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ