お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2017.08.13
優先順位より仕事を捨てること(メルマガ第254号:2017年7月28日分より)

『やるべきことの優先順位の前に
 やるべきことを”整理”して
 圧縮しよう。

 いくら優先順位をつけても、
 総量が減らなければ、
 決して仕事のスピードは上がらない。』

 

<< 鈴木の視点 >>

 

ちょうど一年前のメルマガに何を
書いたのかな?と振り返りました。

すると、一年前の今日の配信が
一番感想文など反響を多く
いただいていたものです。

そこで、復刻版として
反響が高かった1年前の内容を
そのまま転載してみようかと。

昨今、仕事をはやく終わらせたい、
うまく生活も段取りはできない。

こんな声をよく聞くようになりました。

そこで、僕の中心軸を占める
この思考の整理法を!

バタバタをスッキリに変える
王道をまずは入手してみてくださいね。

ところで、昨日はある会社に招かれ、
「時間管理術」の講演をしてきました。

僕は時間管理術の専門家として
売っているわけではありません。

では、なぜ僕にオファーが来るのか。

それは、こんなことを説いて
いるからなのです。

時間管理ができない人は、
頭が整理できない人。

頭が整理できれば、時間管理も
効率的になって成果が近くなると。

だから、思考の整理家である僕に
オファーは来るんですよね。

例えば、仕事の優先順位に
毎回悩む人がいます。

その多くは、「やるべきこと」の
順位づけで悩むのです。

でもね、僕は優先順位づけの前に
todoリストでやるべきことがあります。

一言で言えば、todoリストの
断捨離とでも言いましょうか。

todoリストにやるべきことを
書き出した後は”仕分け”をします。

・今日やるべきか、明日でもよいか
・6割の完成度でよいか、10割追求するか
・自分しかできないか、他人に任せるか

主にこの3つでチェックをするだけで
3分の1は圧縮できます。

更に、残されたtodo項目から、
「重要ではないもの」を先に削除します。

重要なものの中で優先順位をつけるのは
とても難しいことです。

しかし、重要ではないものを先に
捨てることで本当に重要なことに
集中できる状態にするのです。

ここまで”仕分け”すれば、
todoリストも「半減」します。

これにより、本当に重要なことのみに
100%集中できるようになるのです。

”あれも、これも”頑張るのではなく、
”あれか、これか”で仕分けし、

頑張るべき項目を選別して
集中力を発揮してみて下さい。

いわば、足し算ではなく、引き算して
業務をシンプルにする発想です。

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』
小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼ LINEで情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ