お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2017.08.13
頭の良さより大切な整理術(メルマガ第255号:2017年8月2日分より)

『頭が良くてもスキルがあっても
 成果が出ない人がいる。

 それは、頭を使うところと
 足を使うところの仕分けが 
 できていないからである。

 つまり考える場面なのか、
 動く場面なのかの整理なくして
 成果が出ないということである。』

 

<< 鈴木の視点 >>

先日、読書会を開催しました。

そこでは『小さな習慣』
という本が紹介されたのです。

難しく考えずに小さな一歩を
大切にしようという主旨の本。

やや、翻訳が読みにくいものの、
コンセプトはとっても良質!

冒頭の言葉のように、整理して
小さな一歩を踏み出す。

このサイクルがいかに大切なのか。
そんなお話をしたいと思います。

僕のクライアントは、頭も良く
志があってスキルが高い人が多い。

それなのに、成果が出ないか、
次のステージの前に停止中。

こんな企業や人が多いのです。

これってなぜだか分かりますか?

要は、考え過ぎ。。。

もっと言えば「考える場面」と
「動く場面」の”仕分け”が
できていないようです。

確かに戦略は大事ですよ。
熟慮することも大事なのは間違いない。

でもね、「何も考えずに動く」
ということはもっと大事なんですよね。

先日、SNSにこんなことを投稿したら
とっても反響が返ってきました。

~最近、NKKをしてる?~

NKKとは、何も「N」考えないで「K」、
行動する「K」の略です。

考えたら動けなくなる場合が多い。

だから、まずは何も考えずに
とにかく動こう。

そうすることで色んなことが
見えてくる。

そこで成果が生まれてくるから。

効率もノウハウも大事、
うん、分かるよ、そりゃぁね。

だからといって
地べたを這う行動なくして
どうすんの?

量と質は常に両輪。

イチローは技術だけであそこまで
上り詰めたのではないはず。

死ぬほどの努力と、
考え抜いた知恵とノウハウ、

そしてご縁とタイミング。

成果を出すって
この3点セットが必要じゃないかな。

こう書いたんだよ。

皆ね、分かっていてもついつい、
考えることに”逃げてしまう”の。

何か良い解決やブレークスルーの
特効薬があると幻想を抱いてね。

でも、動く方が考えなくて済む分
頭は楽だよ。

それに動いてからの方が、
良いヒントが見つかるもの。

頭の中だけで答えを出さずに、
頭と足を使い分けすること。

この場面別の頭と足の使い分け
(仕分け)こそ成果の近道。

僕は、こう思うんだけど、
どうだろうか?

少なくとも、圧倒的な成果を出してきた
クライアントは皆そうだったなぁ。

9割の人は能力がないんじゃなくて、
殆ど何もやってないもんなんですよね。

そこそこやってるけど、
100通り、100人コンタクトなど
”大量行動”が「やってる」の意味ね。

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』
小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼ LINEで情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ