お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2017.11.13
自分への質問で思考を整理する方法(メルマガ第278号:2017年11月6日分より)

『思考を整理するためには
 混乱してから整理しては遅い。

 混乱する前に予防策を打っておく
 必要があるのです。

 その予防策とは・・・

 「自分への質問」を
 日課にすることなのです』

 

<< 鈴木の視点 >>

この一週間ほどは毎日全国の
どこかで講義かコーチングでした。

人材育成、経営改革、自己革新・・・
テーマは様々です。

で、僕が伝えている内容は、
テーマが変わってもベースは
あまり変わりません。

それは、「思考の整理」を
しなければ学んだことは
何も機能しないということ。

それを継続するには、
「自分への質問」を日課に
することです。

いくら夢を描いていても、
忙しさの中で薄れてしまいます。

いくら努力していても、
軸がぶれていくこともあります。

最後は思考の堂々巡りが始まり、
頭がゴチャゴチャに・・・。

そこで、自問自答の定番質問を
頭にインストールして欲しいのです。

例えば、

・私は今、結果を出すために
何に集中すべきか?

・私は今、目標達成のために
誰にも負けない努力をしているか?

・私は今、人生の意義やミッションを
見つけるための行動をとっているか?

・私は今、ポジティブな関係を築こうと
○○さんとの関係に最大限努力しているか?

・私は今、10年後の自分のために
第一歩目を踏み出しているか?

その他、様々な切り口の質問が
考えられますね。

大切なことは、長期志向で、
本質的な質問であることです。

短期志向で表面的な事柄は
日々の仕事の中で接していますよね。

ただ、それだけでは日々の
忙しさに飲み込まれて終わります。

忙しさにくさびをうち、
定期的に立ち止まること。

また、設定した”ジブン質問”を
1日3回でも繰り返すことです。

これにより、軸がぶれることや
モチベーションダウンは防げます。

でも、忘れてしまうという人も
いることでしょうね。

そんな時は強制的に我を振り返る
”仕組み”を入れます。

例えば、PCやスマホの待ち受け画面に
最も大切な質問を表示設定する。

いつも必ず見る手帳の端に
質問を書き込んでおく。

todoメモのアラーム通知が
メールで来るアプリを使う。

工夫はいくらでも可能です。

気合いや意志に頼らず、
常に思考を整理する状態に
するためにも・・・

そして、自分の信念通りに
多忙さに負けずに
行動するためにも・・・

「自分への質問」を大切に
して欲しいものです。

 

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』
小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

<最新刊 書籍のご案内>

『1分で仕事を片づける技術』 もう買った??(^_-)-☆

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

▼「Twitter」のつぶやきを覗きたい方はコチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ