お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2017.11.13
夢、目標実現のための質問(メルマガ第279号:2017年11月12日分より)

『夢や目標を描く人は五万といる。
 でも実際に達成できる人はほぼいない。

達成できる人と達成できない人の
 間にある差とは何なのか?

 それは、”そのためには?”
 という深掘り質問を自分の頭に
インストールしているかどうかだ。』

<< 鈴木の視点 >>

冒頭の文章は意味分かりますか?

キーワードは、
”そのためには?”という言葉です。

多くの人は大きな視点で
高い目標を描きます。

しかし、意外と目の前の第一歩を
具体化できていないものです。

僕が好きな言葉に
「着眼大局 着手小局」という
言葉があります。

大きな視点で物事を捉えても、
着手は小さな視点でコツコツと。

この精神です。

では、小さな視点での着手とは
どういうものなのか。

それは、たてた目標に対して、
それを実現するためには・・・

「いつまでに、何をやるの?」
という自問自答に応えなければ
いけません。

また、抽象性が残っていれば、
さらに「いつまでに、何をやるの?」

”そのためには?”という自問自答を
繰り返して、行動の第一歩目を
超具体的にしていきます。

これで、目の前の小さな第一歩目と
大きな目標の間にブリッジができます。

人間の行動スピードを落とす
”二大足かせ”は以下のものです。

①不安であるという心理
②面倒くさいという心理

この2つは誰もが持っています。

逆にいえば、この2つの足かせを
はずせば誰でも行動できるのです。

そのためにも、大きな目標を掲げたら
”そのためには”どうするのかという
自問自答を繰り返して下さい。

これが、夢実現のための行動に
つなげる”思考の整理質問”なのです。

目標達成のための
「思考の整理」で大切なこと。

それは、自分にどんな質問を
なげかけるのか?ということです。

頭の中だけで考えず、
紙に書き出しながら、

”そのためには?”を連発して
具体策を書き出していって下さい。

”そのためには?”の質問は
最低3回、標準で5回繰り返せば、
すぐ動ける第一歩目が明確になるでしょう。

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』
小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

<最新刊 書籍のご案内>

『1分で仕事を片づける技術』 もう買った??(^_-)-☆

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

▼「Twitter」のつぶやきを覗きたい方はコチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ