お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2017.11.26
会話は3Sの原則を持っているか?

今日は、講座で会話術の講義をしています。

会話術というと、多くの人は「話し方」にばかり
気をとられるようですね。

僕は話し方は重視していません。

なぜなら、口下手であっても、人を説得することが上手な人や
仕事で成果を出している人はたくさんいるからです。

では、何がポイントなのか。
それは、会話を上手に「整理」しているかどうかが鍵です。

これだけ情報が多い時代になると、たくさん話しても
全てのことを覚えてもらうのは至難の業でしょう。

仮に、一つに的を絞って話そうとしても、多くの場合、
「あれも、これも」と詰め込み過ぎて結局、薄れてしまう。

そこで、「3S」の原理原則を自分ルールとして設定し、
常に3Sの原則にのっとって整理してから話すようにつとめてください。

3Sとは、

①ショート short
②シンプル simple
③ストレート straight

この3つです。

簡潔に話を整理すること。
難しい言い回しはせずにイメージがわくような言葉づかいでシンプルに整理すること。
遠回りな言い方ではなく、ストレートに結論が伝わるようにすること。

この3つのフィルターにかけて自分の会話を振り返った時、
本当に、”相手にとって”3Sになっているでしょうか?

3Sで話す人と、話せない人。

これは、コミュニケーションが卓越する人と、
耳を貸してもらえない人につながってしまいます。

会話で必要なことは、「整理」すること。

整理の軸は「3S」の軸をつかうこと。

ココだけを今すぐ実践してみてくださいね。

会話上手とは、頭の整理上手とも言い換えることが可能なのですよ。

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』
小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

<最新刊 書籍のご案内>

『1分で仕事を片づける技術』 もう買った??(^_-)-☆

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

▼「Twitter」のつぶやきを覗きたい方はコチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ