お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2017.12.06
週休3日・残業禁止は本当に可能か?

週休3日・残業禁止は本当に可能か?

この問いに真正面から応えてくれる人がいました。
それは、「ドラゴン桜」の漫画家 三田紀房氏です。

先日、こんな記事がヤフーニュースで出ていたので
早速通読してみたのです。

漫画家というと事務所泊まり込みで徹夜してでも
漫画を描くことに生きがいを感じ、不夜城のイメージがありました。

でも、この記事には良い意味で衝撃を受けました。

自分で全ての仕事を負うのではなく、分業制の徹底、
外注の大胆器用により冒頭の問いかけに応えられるよう
働き方改革に成功しているというわけです。

僕が研修やコンサルで業務のシンプル化の話をすると
どうも理想通りにはいかないという嘆きの声を聞きます。

それは理由が簡単なのですね。

個人での努力では限界もあるからです。

個人の努力や工夫に加え、会社として組織として
どう業務の構造を変えていくかという意識と覚悟が
最後は問われます。

一般論として、外注の多様化、人を増やすことは
コストがかかるので嫌がられます。

ただ、コストと捉えるのではなく投資と捉えては
いかがなものでしょうか?

分業制の徹底で、一人の負荷を減らすことで、
個々人はよりクリエイティブで付加価値の高い仕事に
移行することができます。

これにより、充分コストを吸収することが可能です。

また、一人一人が時間だけに追われることもなく
創造と想像が解き放たれるので人としても良い効果が
生まれるのではないでしょうか?

一定のお金をかけても個人の負荷を減らすこと、
理不尽な要求をしてくる取引先を断ることなどで
逆に業績を上げている企業も存在します。

というわけで、最後は個人に加え、企業や組織としての覚悟が
生産性の向上では問われていることを忘れてはいけないでしょう。

突きつめると、心底、人を思い、人を大切にする”愛”があるかどうか。

世間はじっと見ていると思いますよ。

 

★緊急告知★

12月21日 「じぶん会議」講義を生中継!
「詳細はコチラ」を必読。
SNSアカウントで簡単にログインできます。

※再配信はありません。生中継のみとなります。

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』
小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

<最新刊 書籍のご案内>

『1分で仕事を片づける技術』 もう買った??(^_-)-☆

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

▼「Twitter」のつぶやきを覗きたい方はコチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ