お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.02.12
相手を動かすプレゼン技術(メルマガ第300号:2018年1月28日分より)

『相手を動かすプレゼン技術は、
 思考の整理から始めること。

 何を伝えて何を伝えないかの
 整理なくしてプレゼンは不可能。

 話し方が上手くなるだけでは、
 決してプレゼン技術は上がらないのです』

 
<< 鈴木の視点 >>

 

先週は、プレゼンの技術を教える
仕事が多い一週間でした。

あなたはプレゼンは得意ですか?
苦手ですか?それとも普通ですか?

話はうまいけど、人の心を
動かすほどでもない人がいます。

大抵の場合、盛り込みすぎ、
または話す順番が不適切なのです。

非常にもったいない!

そこで、今回は少し日常でも使える
プレゼン技術についてお話します。

なぜ、思考の整理家の僕が
プレゼンについて話すかというと・・・

プレゼンとは、話す技術ではなく、
話す内容を整理する技術でもあるから。

話す内容をしっかりと頭で
整理できれば何も怖くありません。

こんなテンプレートに当てはめて
整理してはいかがでしょうか?

①問いかけ(~はどう思いますか?)
②結論(私は~です。)
③理由(なぜならば~)
④事例(たとえば~)
⑤行動(行動の第一歩目は~)

整理のポイントは、
たったこの5つだけです。

”あれもこれも”伝えたい
と思うのが普通でしょう。

でもね、聞き手は話を聴くのが
面倒くさいと思っているはず。

だから、こんなに削って大丈夫?
という位に要点を絞り込むことです。

”あれかこれか”で要点の
選択を行うのです。

話したい内容を紙(付せん)に書き出し、
順番を並べ替え、取捨選択していく作業。

これが、まさに思考の整理です。

特にプレゼンの準備を行う
商談前、発表前には必須の作業。

これはプレゼンだけではなく、
基本的な文章構成も同じです。

また、問題を解決する際も、
道筋は5つの視点でつけます。

つまり、プレゼンの要点5つは、
思考の整理の特効薬でもあります。

話す場合はもちろん、考える場合も
5つのテンプレートに基づき、
問題をシンプルに捉えて下さい。

頭の中に各種テンプレートを
入れておくと楽ですよ。

そもそも、頭の中がゴチャゴチャ
することを軽く防ぎます。

 

★緊急告知★

3月7日(水)から3週連続でオンライン講義 無料生中継!

『 行動力の教科書  -成果を出すための最短・最速・最適な仕事の進め方- 』

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

<最新刊 書籍のご案内>

『1分で仕事を片づける技術』 もう買った??(^_-)-☆

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

▼「Twitter」のつぶやきを覗きたい方はコチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ