お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.04.16
映画『チャーチル』に学ぶ言葉力

先日、映画『ウィンストン・チャーチル』を観に行ってきました。

一言でいうと、とっても味わい深い映画でした。

チャーチルがヒトラーに負けずに対抗し、
英国を救うための決断をするまでの悪戦苦闘や
葛藤を描いた作品です。

役者の演技力のすごみもありましたが、
この映画は実話なのでその背景にあるチャーチル自身の
言葉やふるまいにも学べる点が多くあります。

ぜひ、この映画の演説シーンの迫力を感じていただきたいと
思うのですが、映画だけではなくチャーチルの名言を
ここでは少しだけご紹介しますね。

最後はいかに国民や相手を鼓舞し、
信念を貫くべきかという彼の哲学がふんだんに盛り込まれた
パワフルな言葉の数々が刺さってきます。

映画中でも”勇気”という言葉が連発で出てきていました。

ちなみに僕は映画の最後に表示されたこの言葉が
一番刺さりました。

 

成功があがりでもなければ、失敗が終わりでもない。
肝心なのは、続ける勇気である。

 

我々の目的は、勝利、この二字であります。
あらゆる犠牲を払い、あらゆる辛苦に耐え、いかに長く苦しい道程であろうとも、
戦い抜き勝ち抜くこと、これであります。

 

成功とは、失敗を重ねても、やる気を失わないでいられる才能である。

 

勇気とは、起立して声に出すことである。
勇気とはまた、着席して耳を傾けることでもある。

 

行動する事は少しも恐れはしない。
恐れるのは、ただ無為に時を過ごす事だけだ。

 

ぜひ、映画をご覧くださいね。

 

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

▼「Twitter」のつぶやきを覗きたい方はコチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ