お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.04.30
おまとめ本を手元に置くと思考が整理される

僕は手元に置いておきたいという本以外は
割とすぐに売るかあげるか捨てるで処理していきます。

”もったいない”と考えていると本棚があふれるだけで
実は後日読み返すことはほとんどなくなります。

では、逆に手元に置いておく本はどんな本でしょうか?

僕の場合は、

1.仕事の資料として使える本

2.思考を整理するときに読み返す”おまとめ本”

3.”人生のバイブル”として節目節目で読み返す本

この3タイプの本です。

1は説明の必要がないと思いますし、
3の”人生のバイブル本”もモチベーションの維持には
必要な本として補足説明も不要でしょう。

2.の”おまとめ本”とは、抜け漏れなく一つのテーマで
整理されている本で、それ一冊読めば思考が一気に
整理されるような本です。

僕はおまとめ本をつかって自分の立ち位置、状況、
問題解決の処方箋として使っています。

世に出ている本(特にビジネス書や実用書)の多くは、
切り口を変えているだけでいつも本質は同じことの
繰り返し。

だからこそ、秀逸な”おまとめ本”をいかに見つけ、
手元に置いておくかが僕の思考の整理には必要な
エッセンスとなるのです。

ちなみに、最近、ビジネス分野、
事業展開や新規事業で手元に残しておきたい
”おまとめ本”となったのは、以下の書籍です。

ご参考までに・・・

 

◆『シリコンバレー式 最高のイノベーション』

 

◆『起業の科学』

 

同テーマではこの2冊読むだけで十分でしょう。(^^♪

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ