お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.05.13
インプットとアウトプットのバランスが大事

僕の仕事は書く、話す、教えるという仕事が
大半を占めています。

つまり、執筆(本だけではなくテキスト制作含む)
講演(スピーチ)、研修・コンサル(教育、ワークショップなど)。

で、毎日忙しい日々が続くと、つい”アウトプット”ばかりに
なってしまうのが厳しいところ。

毎日、職場・自宅・会場の往復をしているだけだと
必然的にアウトプット中心の生活に陥る。

仕事という観点では、充実するし、稼ぎに直結するので
良い部分が多いのですが、あくまでもそれは目先だけの気がするな。

大切なことは、インプットとアウトプットのバランスに気をつけながら
仕事を進めていくことです。

アウトプット中心になるとスキルが成長しない、コンテンツに新鮮味が出ない
実体験が減ってしまい話す内容にリアリティが出ないなどの弊害も多いのです。

逆に、インプット中心で情報収集、人と会うこと、さまざまなところで
様々な体験をすることなどが増えればよいのかというと、そうでもありません。

物事をよく知っているけど、全然アウトプットせずに成果をつかめない
”インプットおたく”の人も世間にはたくさんいますので考えものです。

大切なことは、忙しい時こそ立ち止まって、思考を整理すること。

インプットできているかな?足りないものは?新しいものは?独自性は?

アウトプットできているかな?何を?誰に向けて?どんな意味があって?

こうしてインプットとアウトプットのバランスをとることは、
自身の成長には欠かせないことなのです。

まずは、思考を整理し、自身のインプットとアウトプットのバランスの
現状を振り返ることから始めてみましょう。

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ