お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.07.09
プロフェッショナルになるということ

少し自慢してもいいですか?

先日、某所である講義を
1日2回ダブルヘッダーでしていました。

観ていた事務局の方が終了後に
とても驚いていたと思ったら・・・

1回目と2回目で全ての休憩を取る時間が
1秒の狂いもなく同時間で、かつ終了時刻も
ジャストにいずれも終わっていたと。

1回目と2回目で同じ進行で
同じパートの箇所での休憩であれば、
まぁ計算通りとなるのですが、
いずれも進行がずれている状態で、
完璧な時間配分と飽きさせない講義に
驚いたと声をかけてくれました。

時間のコントロールだけが、
講演・講義の価値ではないものの、
まったく予習も計算もなく、
体内時計だけで1秒の狂いもなく進行。

なおかつ受講生に刺さりまくっていた
ということを後で聞いて、
はじめて自分はプロフェッショナルに
なったんだと思ったね。

人前で話す仕事も始めてから15年は
経っているけど、今さらながらはじめて
自分をプロと認めた瞬間がきた。

そしてガチで他人にプロフェッショナルの
些細な部分に気づいてくれたことも
認めてもらえた気がしたね。

さすが俺。。。(^^)

というわけで今日も初の福井講演へ。

写真はイメージです。

 

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ