お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.09.10
今さらながらG-PDCAについて語ろう

「PDCA」という言葉を知っていますか?

こう聞けば社会人なら9割以上の手が挙がります。

では、意味は?と聞くと正答率は7割くらいに落ちます。

ちなみに、PDCAとは、仕事の進め方の基本サイクルのことで、
PLAN(計画)→DO(実行)→CHECK(確認・検証)→ACTION(改善・修正)
という順番で回していきましょうという考えの英語の頭文字の略称です。

ところが、これを知っているだけで仕事がうまく
回るかと言えばそうもいかないのが普通。

しがらみ、横やり、割り込み仕事、トラブル、
面倒、不安など様々な状況や心境により現実社会は
複雑だからです。

だからこそ、定期的にPDCAの視点で仕事のまわし方を
点検することや思考の整理が大事なのです。

ただ、これだけでうまく前進するのか。

と言えば、これでも足りません。

PLANの前に「GOAL」の確認が必要なのです。

どのGOALを目指すかによってPLANが異なります。

また、とりあえずやろう!とDoをしても、
的外れな行動は時間のムダしか生み出しません。

必ず、はじめにGOALの確認をしなければいけない。

すなわち、PDCAではなく、「G-PDCA」でなければ
ならないというわけです。

こんな初歩的な理屈は誰でも知っていますが、
新人も役員以上も忙しい時や集中すると盲目的で
GOALの意識が希薄になるのです。

GOALとは、「目的」と「目標」の2つからなります。

目的とは・・・何のために?やるのか。

目標とは・・・どれくらい頑張るのか。(数字で表すなら?)

この確認です。

いくらPDCAをまわしても、GOALの確認がない、
他人と共有されていなければ、単に闇雲な仕事に
しかならないので生産性は低い人と見られることでしょう。

僕のクライアントでは、合言葉にしてもらっています。

「Gは何?」という言葉です。

常に、目的起点で動こうよ!

これを相互チェックする社風作りが、
逆に生産性を上げていくことにもつながるのです。

あなたの仕事、Gは何?

では、また(^^)/

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

 

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ