お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.09.12
頑張らなくてもいいから小さな一歩に変換を。

冒頭のタイトルの言葉はね、
よく講演で話す内容なのです。

みな、まじめに頑張ろうとし過ぎなんですよ。

まじめに取り組むことは必要ですが、
肩に力を入れすぎたり、モチベーションを上げて・・・
というのでは長続きしないと思うのです。

また、気負えば気負う程、目の前の課題が
大きく壁も高く見えてしまいます。

だからこそ、頑張らなくてもいいから、
はじめの第一歩目を頭の中で小さな一歩に
変換することこそが大事なのです。

大きな一歩は華々しく、まわりからも称賛され
かっこいいですよね。

でもね、それがプレッシャーになることもあります。

そこで、小さな一歩に変換してそれを高速で
蓄積していくというスタンスに切り替えるのです。

どれくらい小さいかというと・・・

 「ジョギング」 → 「コースの検討」とか「靴を選ぶだけ」

 「英会話の勉強」 → 「1日1個だけ単語を暗記」

 「提案書の作成」 → 「PCの電源を入れるだけ」

このような事例は、小さな一歩に変換するための
思考のトレーニングとして実際の研修で行うことが
あります。

はじめのうちは、慣れないため頭の中だけで
考えてしまうでしょうが、これはNG!

思考の堂々巡りとネガティブな思考が渦巻き、
結局、第一歩目を踏み出せなくなるからです。

そこで、紙に書き出し、この仕事の場合の
第一歩目はコレ!のように見える化することで
冷静に行動できるようにしていきます。

行動力とは、頑張ることや気合いを入れることではなく、
頭の中で小さな一歩に変換する思考の整理技術でも
あるわけです。

今、先延ばししている課題の小さな一歩はなんですか?

イメージしている一歩目を更にハードルを落として
小さな一歩目を見つけ出して下さい。

この思考の変換が、新たな成長を生み出しますよ。

では、また(^^)/

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

 

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ