はじめての方へ

この度は、弊社サイトにお越し頂きましてありがとうございます。
私がどんな想いを持って仕事をしているのかご紹介させてください。

「思考の整理家」とは何か?

「思考の整理を通じ、自分で問題解決するお手伝い」

「思考の整理家」とは、かつてクライアント様に名づけられた肩書きです。コンサルタントといっても戦略立案や分厚い提案書 ではなく、「鈴木さんは私たちの頭の中を整理してくれることで、自分で問題解決ができるようにリードしてくれますね。コンサルタントというより本質は“思考の整理家”と言った方がふさわしいでしょう」。 あれから約10年、思考の整理を切り口にしたコンサルティングや研修を行い、独自の整理方法も研究してきました。私の仕事のスタンスは「Simple is best!」という言葉に集約されます。なぜなら人は仕事も人生も複雑に考えすぎるから悩んでしまうのです。

コンセプト

「思考を整理すれば、問題の9割は解決する」

世界観

世間は“秒速成功”という言葉で目標達成の加速をあおってきますが、私はいったん立ち止まって「思考を整理」することを提唱したいと考えています。忙しい毎日にくさびを打ち込み、一時停止して、自分と向き合うこと。一時停止して、冷静に良質な決断を繰り返すこと。これこそが、結果として目標達成を加速させると考えています。 緊急ではないが、重要な領域への集中こそが仕事や人生の質を高めます。放っておくと、忙しさに流され消化不良のままになります。いったん立ち止まり、徹底的に自分と向き合い思考を整理すること。成果とはその向こう側にあるのです。

ミッション

「世界中のあらゆる問題を整理して、社会の問題点を解決する」

コンセプト

「クライアントの思考を整理することで、気づきと勇気を提供する」

バリュー

1.セパレート思考

私は問題解決にあたり、「セパレート思考」を使います。
いきなり物事を細かく考えずに、まずは大きな課題のかたまりを、ざっくりとセパレート(仕分け)することで、一つずつ的確な解決策と手を打ちます。細かいテクニックや戦術だけでは、“木を見て森を見ず”に陥り、堂々巡りを引き起こすためです。

 

シンプル化

問題の把握、決断、行動の第一歩目、その全てをシンプルに捉え、本来やるべきことに集中するお手伝いをします。「バカな奴は単純なことを複雑に考える。普通の奴は複雑なことを複雑に考える。賢い奴は複雑なことを単純に考える。」、これは京セラの創業者である稲盛和夫氏の言葉ですが、私は賢い奴でありたいと考えています。

わかり安さ

クライアント様にとって最高のアドバイスをするために「分かり安さ」にこだわってコミュニケーションをはかります。「簡潔かつ効果的に伝える」。これは私のモットーです。どれだけ良い内容も分かりにくければ、相手の決断や行動につながらない。ひいては成果につながらないリスクがあります。成果を生むには「分かり安さ」が鍵を握るのです。

バリュー

1.立ち止まって「自分の状況を整理」したい時に、私のアドバイスや講義をご利用ください。
2.思考を整理して「新たな決断」をしたい時に、私のアドバイスや講義をご利用ください。
3.一歩踏み出す「勇気がない」時に、私のアドバイスや講義をご利用下さい。
ページトップへ