お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.04.17
新規事業は企画ではなくドメインが大事

今日は終日、新規事業に関して大企業の
リーダーに向けて講義をしていました。

今日お話しした内容は、徹頭徹尾、ドメイン(領域)の
大切さについてでした。

多くの場合、新規事業というと企画の新規性と
独自性ばかりに目がいきます。

しかし新規性があるからといって儲かるかどうかは別問題。
独自性があるからといって顧客が支持するかとうかは別問題。

これが現実です。

新規性も独自性も大事、顧客対象やニーズも大事。

でもね、もっと大切なことはその大前提となる
「ドメイン(領域)」です。

すなわち、どんな市場を狙うか?
言い換えれば、どんな”土俵”に乗って相撲をとるか?です。

仮に大谷翔平が卓球選手(卓球という土俵)だったとしましょう。

あれだけの活躍ができたでしょうか?
彼ならできたかもしれませんね・・・笑

例が悪いくらい、大谷はすごいか。

いや、多分難しいはずです。

野球という好きで強みが発揮できてマーケットも
注目度も高い土俵で活躍したからますます影響力が
高まっているのではないかと僕は思います。

適切な土俵(市場領域)選びをせずに、新規性や独自性を出しても
その後の努力やコストはすべてムダにしかなりません。

ぜひ、大前提や背景など原点に戻って、
事業を捉えること。

事業を考える上で思考を整理すること。

そんなことをおすすめしたいと思います。

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ