お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.04.24
着眼大局 着手小局の視点を持て!

昨日は、100名もの人の前で「行動力」に関する
講演をしてきました。

”すぐやる&やりきる技術”というテーマでの講演です。

ここでいつも大切にしているメッセージ、
それは『着眼大局 着手小局』という言葉です。

これは私の座右の銘にもなっている囲碁の世界の言葉。

意味は、要するに
「物事を大きな視点から見て小さなことから実践することを大事にする」
という意味です。

大局観をもって全体感をつかまない状態で、
やみくもに行動しても的外れになってしまうことがあります。

ビジネスであれば、方向性がずれている状態で努力しても
資金も時間もムダになってしまうというわけです。

たいていの場合は、これが逆転しているようです。

”着眼小局 着手大局”

小さな視野でものを捉え、行動の際には大きな一歩にこだわってしまう。

これ、成果がでない典型なのですよね。

視野が小さいと全体の流れが読めないため、
時代錯誤やライバルに後れを取っているということになります。

大きな一歩は華々しくて他人に称賛されることもありますが、
気持ちのリバウンドで挫折のリスクもあります。

気合いを入れた大きな一歩では、やっぱり難しそう・・・
不安だなぁ、面倒だなぁ・・・と言っているうちに当初の
モチベーションが折れてしまうリスクです。

そのため、大きな視点を常に持っているかを自分に問いかける。
小さな一歩や具体的な一歩を大切に高速で積み重ねていっているかを
自分に問いかける。

こんな視点で思考を整理すれば、成果が出る行動は
他人に振り回されることなく、不安と面倒な気持ちに負けることもなく、
スムーズになされるようになります。

一瞬で難局を打開する技とは、
すなわち「着眼大局、着手小局」という言葉で
思考を整理することにあります。

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼ 「LINE」で情報配信が欲しい方は、「@suzukishinsuke 」でご登録を

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ