お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.10.31
一流の人は脇が甘い理由とは?

この前ね、あるの酒の席で成功者と言われている人、
一流の域に達している人の特徴はどんなものが
あるのでしょうね?っていう話になりました。

その際に僕の隣の人と一致した意見を今日は
シェアしようと思います。

それはね、一流の人は「脇が甘い」ということなんです。

脇が甘い・・・

脇が閉まっているの見間違えではないですよ~。

まぁ、厳密に言えば、戦略的に脇を甘くしていたり
隙間を増やしていると言えましょう。

分かりやすくするために、二流はどうかというと、
ちゃんとしていなければならない、賢く見せようという
意識が強すぎて話しかけづらくなってしまいます。

こうすると、隙間が無く脇も閉まっているので、
本音をもちかけたり、コミュニケーションの密度を
上げることは難しくなってしまいます。

また、困った時でも、「何かお役に立ちたい」ではなく
助けなくても自分でなんとかできるよね?という視点になり、
結局、誰もかまってくれないという現象に陥ることがあります。

これを一言でいうと、愛嬌というかもしれませんし、
自然体で人間力があるという表現がマッチしているかもしれません。

ただ、いずれにしても肩ひじ張らないことで、
ゆるく気軽に多くの仲間ができていくという点が
一流に駆け上る登竜門ではないかという話です。

いぜん、ファーストクラスをアテンドしていたCAに
ファーストクラスとビジネスクラスの乗客の違いを
伺ったことがあります。

ビジネスクラスは「俺はできるビジネスマンだ!」オーラで
肩ひじを張っている方が多かったとのこと。

逆に、ファーストクラスでは「口を半開きにして誰でも
話しやすい」オーラをまとっていたとのことです。

これは、心のゆとりなのか、パーソナリティなのか、
「愛嬌」なのかは不明です。

ただいずれにしろ、気さくで肩の力が抜けていることは
事実多いようですよ。

この話は何を意味しているのか。

やっぱり見栄や肩ひじを張る気合いでは仲間もできず、
人も寄ってこない。

やはり脇が甘くても(仕事や裏切りに支障が出ないレベルに)、
入り込む隙間が多い人の方が結果として多くの人にパワーも
もらえるのではないか。

僕はそんな風に思いますよ。

というわけで、僕なりの答えを言っていいですか?

一流になりたければ、口を半開きにしろ!

違う、一流になりたければ、肩の力を抜け!

これではないでしょうか。

というわけで、本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ