お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.11.04
伝え上手より聴き上手の方がよい理由

先日ね、某メガバンク向けに研修してきました。

お題はファシリテーション研修という切り口で
主に会議におけるコミュニケーション術です。

で、コミュニケーションと聞くと多くの人は
伝え方(話し方)に意識がいきます。

そりゃあね、話し上手な方が華々しく
意見も通りやすいというイメージがあるからか、
ここに意識がいくのも仕方がありません。

ただね、多くの人を巻き込んでいかなければならない
会議やミーティングでは自己主張上手だけでは
限界があるのですよね。

そこで、登場するのが「聴く力」です。

もっといえば、相手の意見や本音を引き出す力です。

たとえばミーティングの時にバシバシと仕切るタイプの
人がいますよね。田原総一朗さんのように。。。

これはスピーディーに進行できる反面、弊害も
多いものですよ。

なぜかっていうと、結局、一人芝居になってしまい、
だったら一人で考えて一人で動けや!となってしまうから。

だから、ファシリテーター(促進者)はあくまでも”促進”に徹し
自分の意見や軽快なトークは封印すべきです。

逆に言えば、自己主張がヘタでもファシリテーターは十分に
可能になってきます。

では、ファシリテーターのツボはどこにあるか?

それは「質問力」にあります。

質問であれば、極論、自分のスキルが低くても
知識や見識がなくても話を進行させられます。

「これはこうですよね」ではなく、「こういう意見がでましたが
どう思いますか?」と切り替えることが可能です。

また、質問をすることで相手にも気づきを与えることができます。

質問をされることで、新たな思考が生まれ、新たな意見に
変わることもあるからです。

こうして考えると、相手に考えてもらい新たな意見を引き出す、
さらに自己主張をおさえ質問を繰り返すことで相手を立てる、
質問されると人は高揚するのでモチベーションを上げる、
裏効果としては自分に見識がなくても対応できる。

このように、伝えること以上に実は質問することって
インパクトがあるものなのです。

伝える力だけで勝負すると声が大きい人や権力者には
負けてしまいますので、その防御策としても機能します。

目安としては「話す2割」:「聴く8割」というイメージで
話す割合と聴く割合を逆転させ、聴く(≒質問する)を
重視してみてくださいね。

これぞ、ファシリテーション型コミュニケーションの要諦です。

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ