お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.11.06
結局、最後の決め手は「覚悟」にあり

毎日、様々な実績を持っている人とお会いします。

会話の中から実績を出したその理由やエッセンスを
お聞きしますが、必ず出てくるキーワードがあります。

それは「覚悟」という言葉です。

あまりにも聞きなれた言葉で、そりゃそうだろ!と、
突っ込みたくなる言葉ですが、最後はやはりココにあり。

そんなことを痛感しましたね。

言葉の意味を参考までにネットで調べてみました。

覚悟とは・・・

1 危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、
それを受けとめる心構えをすること。

2 仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。

3 きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。

様々なニュアンスの違いはありますが、
吹っ切れた感じがあるのは共通しますね。

ある種のあきらめの境地と言いましょうかね。

うまくいかないのは分かっている。

でもね、うまくいかなくても”ダメ元”で
やれるだけのことはやろう。

それでだめだったら、キレイさっぱり諦めよう。

その前に、やるべきことを死ぬほど考え、
死ぬほど行動すること。

これが覚悟の意味合いというか、トーンの気がしますね。

どこか、「覚悟」という言葉は、
気合いを入れるというニュアンスで解釈していました。

でも、ある種の諦めを持つことで逆に強くなれる。

後悔する前に結果を考えずにやるべきことをまずはやる。

結果ではなくプロセスにフォーカスする。

こんなニュアンスで解釈をしなおせば、
覚悟もスムーズに自分事として捉えられる気がしましたね。

世の中には、様々な成功への近道的な手法が語られ
情報が氾濫しています。

でもね、整理してみると、結局、最後は「覚悟」が
決め手だったということではないでしょうか?

本質とは古今東西、さほど変わり映えしないもの。

そんな気がしますね。

というわけで、本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ