お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.12.05
小さなこと一つに手をつけること

最近ね、「行動力」をテーマにした
研修依頼が相次ぎます。

行動力というものを研修でつけられるのかは
微妙なところがあると思うものの、キッカケや
方法論の一端は語ることはできます。

行動力ってなんなのでしょうか?

行動スピード?継続力?モチベーション?

色々とありますが、僕は「はじめの第一歩目」を
ストレスなくスムーズに踏み出せる力であると
定義しています。

はじめの第一歩目を素早く踏み出せること。

それができなければ継続もないし、気合を入れても
あまり意味がないことです。

さっさと一歩目を踏み出すために何ができるかを
考えてみる。

すると、一つの答えに行き当たります。

はじめの第一歩は面倒くさかったり不安だったりするので
まずは、とにかく手をつけてみることです。

手をつけるといっても本格的にやらなくても大丈夫。

ちょこっとだけやってみるプチ着手のようなイメージ。

人間とは不思議なもので少し手をつけると、
そのままやってしまうという経験が皆さんは
ありませんか?

で、やってみると意外にすぐにできちゃった・・・みたいな。

そうなのです。

やっぱり、手をつけるまでが肝。

では、手が付けやすくなるプチ着手とはどんなレベルか。

例えばこのブログでいえば、
何も文章の中身を事前に考えずにとにかく
書き込みページを立ち上げる。以上です!

文章のネタ切れなんていつものことです。

ところがどうでしょうか。

不思議と書き込みページを立ち上げて
一文字、二文字を適当に打つと、そこから広がりが出て
文章が書き出せてしまうのです。

これは文才があるからなのか!?

あきらかに違います。

とにかく手だけ付けてみたから、
身体と脳が反応するのです。

逆にいえば手をつけないから、
面倒と不安の被害妄想だけが広がって
しまうのですよ。

というわけで、先のことを考えず、
まずは手をつけるだけ!

ここをゴールにすえてみませんか?

やったもの勝ちというより、
プチ着手で手を付けたもの勝ち!

というのが僕の感覚です。

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ