お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2018.12.06
ルーチンで心を整える方法

あなたは日常習慣にしている「ルーチン」を
もっていますか?

ルーチンとは「決まりきった」「定例の」という
意味で使います。

いつも同じことをやらなければいけない事務処理・・・
のようにややネガティブに使われる場合。

大切な本番の前にはこのルーチンで縁起担ぎを・・・
のように気持ちのスイッチとして使う場合。

ルーチンによって目の前に集中し心を整える・・・
のように心や頭の中を整理するために使う場合。

このように「ルーチン」と一口に言っても
様々な使われ方があります。

ここでは最後の「心や頭を整える」ための
ルーチンについてご紹介しますね。

僕は心や頭を整えるためのルーチンが3つあります。

1.トイレ掃除
2.靴磨き
3.アイロン

この3つです。

なんだか家事ばかりですね。

といっても単なる家事の役割分担という
意味だけではありません。

できるだけ自分でやるようにして、
心と頭を整える手法に活用するのです。

心や頭にざわつきを憶えた時、
気持ちがやきもきしたり、頭がごちゃごちゃ
することが止まらなくなるときもあります。

そこで、いろいろと考えても
状況はますますひどくなるので、
ルーチンの登場です。

何かに一喜一憂したり、いろいろと考えずに
目の前の単純作業に切り替えることで、
没頭状態にすることができるからです。

没頭状態にするためには何も考えずに
できるレベルの単純作業を行うという
この単純化が鍵です。

トイレ掃除も靴磨きも単純作業だし、
やり終えると掃除の類は気持ちも
スッキリしますからね。

さらに家事まで片付くので一石三鳥にも
なるというわけです。

心が乱れる時、頭がごちゃごちゃしたとき、
すぐにルーチンに切り替えてみましょう。

目の前のことに没頭して、
いったん心と頭をリセットを整理してみること。

そんなルーチンをいくつ持っているかで
心と頭の安定は保てます。

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ