お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2019.02.19
そんなに生産性向上は頑張るべきなの?

世の中がある方向に流れると、必ず反動というものが出てきます。

デジタルの世界になるとアナログを人は求めるようになる。
ということも、一つの現象でしょう。

いま企業社会を中心に生産性向上や働き方改革がやかましく
毎日叫ばれるようになりました。

そうなると、本当にこの生産性向上とやらは本当に必要?
という反動が出てくるのも当然の流れですよね。

僕は生産性向上はやっぱり必要だとは思います。

ただ、本質から外れたものや過度の生産性によって
息苦しい世の中になるのは少し違和感があります。

だから、折り合いをどこでつけるのかという
絶妙な心のバランスも必要になる。

そう思うのは僕だけではないでしょう。

そんな中、面白いウェブメディアの記事を
見つけてしまいました。

「そこまでの生産性、本当に必要ですか?」という記事。

生産性の向上に成功している人を見ると、つい憧れ
真似をしてしまいがちなのですが、やはりそれはそれで
苦しいものが多いようで・・・

時間管理術はこうして、todoリストはこうつけて
優先順位はこうつけるべきであって、ムダはこうなくして
毎日こんなルールを習慣化して・・・

ちょっと待ってください。

さすがに一気にこれをやると、個人でも法人でも
疲弊してしまいますよね。

原点は、目的を確認することです。

生産性向上を通じて何をなしえたいのか。

そのために、今何から始めるか。

何が必要であえて一つに重要なことを
的を絞るならそれは何か。

こうしてまずは目的確認からはじめる必要が
生じるというお話です。

結局はね、「自分はどんな毎日を送りたいのか」と
自問することが大事です!というお話の気がするな。

社会に合わせるだけではなく、最後は自分や自社の
目的、軸というものをハッキリさせるべし。

そのためにも、いったん立ち止まって自問自答を
してみましょうよ。

僕はそう思いますね。

そんな思いも込めて「じぶん会議」という本を
出したほどですからね。

 

 

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<<お知らせ>>

『法人向けサイト』をフルリニューアル!

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ