お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2019.03.06
7つの会議に思う人間の弱さ

先日、『7つの会議』という映画を観ました。

組織人はこれを見なさい!
これは業務命令です!😊

 


 

池井戸作品は天才過ぎ。
野村萬斎の演技も天才過ぎ。
最高だったよ…

という作品の良さはもちろんのこと、
この映画を観て組織の難しさ、良さ。

もっと言えば、人間の弱さ、強さを
改めて痛感できる素晴らしい内容でした。

一言で言うと、大手企業の品質不具合に
関する隠蔽問題の話。

それを暴いていく中で出てくる人間ドラマが
ざっくりとした内容なんですが・・・。

隠蔽というのはいつの時代もなくならない。
人間に弱さがある限り。

そう思いましたね。

古くは山一證券の損失隠し、
最近ではオリンパス、東芝の不正会計、
各界のセクハラ・パワハラなど挙げれば
キリがないほど。

しかも、当事者はそれなりに名誉も金も
得ていた人間ばかり。

いったい何を求め、何を守ろうとしたのか。

首をかしげるばかりです。

もちろん、この映画でもそんなことが
描かれているのではありますが・・・

僕が考える人間の三大弱さというものがあります。

①隠蔽

②嫉妬

③見栄

ハッキリ言って、この3大弱さに勝てる
自分でいられるかどうか。

いついかなる時でも。

これが少なくとも組織人には厳しく問われる。

そう思いますね。

特に映画では①が中心に描かれていますが、
どんな人でも大小の差はあれども、
3つを一人で兼ね備えているものではないでしょうか?

では、これをどう克服していけばよいのか。

それは、毎日、振り返り、思考を整理する時間
(じぶん会議)を行い、反省していくしかないんですよね。

忙しさにかまけて、振り返りすら怒らないから、
冷静に客観的な反省すらできずに盲目的になってしまう。

だから、毎日、立ち止まる時間が自分自身の弱さの
克服になり、進化していくキッカケになる。

僕はそう思うけど、いかがでしょうか?

忙しくても一息ついて、
振り返る時間を持ちましょうね。

映画を観てそんなことを思いましたよ。

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<<お知らせ>>

『法人向けサイト』をフルリニューアル!

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ