お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2019.03.07
尺度を変える思考の整理法

「尺度を逆にすれば思考は整理される」

これは僕が大切にしている思考の整理法の一つです。

どういうことかといえば、何かの問題で行き詰まり
悩み、頭がごちゃごちゃしたとき・・・

思考が袋小路に迷い込んでいるのですよね。

では、どうやれば抜け出せるかといえば、
物事を捉える時の「尺度」を変えてあげるのです。

目標を立てたのに、一向に進んでいる気がしない。
まだゴールまで道のりが遠い。

そんな気持ちで一喜一憂してしまうことがあるでしょう。

でもね、先のことを憂いてみても目の前の現実は
変わらないし、将来を正確に言い当てることはできません。

そこで、先を見るのではなく、少しでもいい、短くてもいいから、
これまでの道のりを振り返ってみるのです。

こうすることで、先を考えると不安や焦りがつきまとってきたけど、
「あぁ、ここまでしっかりと進めてこれたな」と進捗している
事実確認により、気が晴れてきます。

先を見ずに、後ろを振り返って、進んだ事実に目を向けること。

逆に、「かなり、いい感じで物事が進んでいるな」と思っても
油断大敵なんですよ。

ピンチは山河を超えて、じわじわと押し迫ってきている
可能性があるからです。

いや、それくらいの心構えでちょうどいいくらいです。

こんな時は尺度を変えて捉えなおしましょう。

できてきた(進めてきた)過去や後ろを振り返るのではなく、
未来を見つめ今の物足りなさ、不十分さを痛感することです。

つまり、尺度が短ければ長くとらえ、長ければ短くとらえる。
先を憂うなら過去を称賛し、現在を称賛するなら先を思い
足るを知ること。

このように、尺度を変えて思考を整理するアプローチとは
普段とは逆の視点でとらえなおすことでもあります。

いかがでしょうか?

こんな思考の整理法を持っているだけで、
ずいぶんと感情に振り回されることが軽減されますよ。

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<<お知らせ>>

『法人向けサイト』をフルリニューアル!

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ