お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2019.04.01
やんちゃな行動が時代を進める

今日は4月1日!

エイプリルフールであり、新元号の発表日であり
あらゆることがスタートする節目の日ですね。

といっても、まずはこのブログはエイプリルフールを
意識することはありませんので、今日も真面目に執筆を。

先日ね、何かのSNSの記事で見たのですが、
今年はカップヌードルが誕生してから48周年に
なるそうです。

12年を一周りとした場合、すでに4周りということです。

カップヌードルが世紀の大発明であると同時に、
数々の功績や社会に貢献したことは今さら
語る必要はないことでしょう。

 

 

横浜にあるカップヌードルミュージアムという博物館も
商品誕生秘話から創業者の想いまでを感じることができる
素晴らしい施設なのでお勧めですよ。

さて、僕が着目した点は、素晴らしい商品という点や
単に利便性が高い商品という視点ではありません。

よく考えてみると、カップヌードルは野外で
食べることができるという視点で日本の文化的には
ブレークスルーしたのではないでしょうか。

おそらく、家庭内でも食事のマナーに関しては
厳しくしつけられた時代ですよね。発売当時は。

正座して食べなさい!黙って姿勢正して食べなさい!
ご飯を残すと目がつぶれるよ!お百姓さんに申し訳ないと思え!

こんな言葉を僕自身の家庭内でも言われた記憶があります。

そんな時代にですよ、野外で食べるっていうのは
かつてのマナーの視点ではありえなかったことでしょう。

おそらく大人たちからは「けしからん!」という
反応が多く返ってきたことと思います。

似たような商品で言うと、マクドナルドも
同じことですよね。

さらに、ソニーのウォークマンも外で移動しながら
音楽を聴くというスタイルは同じですよね。

今なら、電車の中でもスタバのコーヒーを持ち込む人、
もちろん、歩きスマホの人。。。

いつも時代が進化するときには、
大人たちから「けしからん!」という声が
挙がってきました。

でもね、今や中高年の方でも歩きスマホする
光景に出くわします。

こうやって「けしからん!」という声と共に
文化を技術が進化させていくことを考えれば、
モラルには配慮しつつも大人たちの「けしからん!」に
委縮することなく、何かの進化が起きるかも。。。

そう捉えなおすことで時代を見つめる視点が
変わるかもしれませんね。

今なら、eスポーツを学校の部活にするなんて
けしからん!という声が挙がっていますが、
オリンピックの正式競技になる可能性もある以上、
ここは注目したい点です。

今日から新年度、けしからん!という声に
まどわされず、やんちゃな挑戦心をもって
新たなことにチャンレジしていくこと。

そんなシーズンにしたいですね。

ぜひ、今日からまた気持ちを新たに、
やんちゃな自分を隠さず、
新たな挑戦を積み重ねていきませんか?

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<<お知らせ>>

『法人向けサイト』をフルリニューアル!

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ