お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2019.04.15
感情に頼るな、他人に期待するな

春は新入社員や若手社員向けの研修を
請け負うことが多いシーズンです。

そこで、どんなメッセージを僕なりに
出すべきか。

言葉選びはいつも熟慮します。

なぜなら、受講生の全員とは言わないまでも
何人かのその後の人生に影響を与える可能性が
高いからです。

後になって、あの時の言葉が・・・

こんなことも実際によく起きています。

今年は、「社会はしょせん不条理なもの」という
ことを重視したメッセージを多くしました。

先が見えない時代で答えも分からない時代だからこそ
なおさら不条理感が増しているかも。。。

つまり、学生時代と違って誰もお膳立てしてくれないし
誰も答えなど教えてくれない。

だって大人たちも皆分からないからです。

でも、だからといって凹む必要はありません。

そもそも、社会は自分の思い通りにいかないし、
人間も様々なバックグラウンドの人と共存している以上、
自分の筋道とは異なる現象とも直面することは
普通でしょうと。

逆に言えば、そんなことに怒ってみても
それが現実なので、それよりも心のコントロールを
身につけた方がよほどストレス対策の視点でも良いと
僕は考えています。

感情に任せたり、感情に頼らないということです。

逆説的ですが、「どうせそんなもの」と一種の
割り切りがないと、負の感情に振り回されるだけ。

そう僕は考えて伝えます。

また、似たようなことで言うと、人にあまり
期待しないことです。

多くの人は善意があり誠実ですが、
それでも、自分とは合わない人も当然出てくるでしょう。

悪意を持って接してくる人もいることでしょう。

一方、普通の会話でもあなたの話が通じない人がいます。

指示やお願いするときでも、あなたの言ったとおりに
動いてくれない人がいます。

でもね、期待していて逆の結果だったら、
ショックで凹みますよね?

「そんなもの」です。

それは、他人が悪いのではなく、
人に期待しすぎなあたなに原因があるかもよ。

他人は変えられないけど、自分は変えられるのだから
自分の何かを変えたほうがはやいものですよね。

だから、あまり他人には期待しないということも
世間の不条理を受け止める点で大事だと思うのです。

こういうと、世の中楽しくなさそうですが・・・(笑)

そうではなくて、不条理を理解したうえで、
不条理との接し方を決めておけば、
それ以上の楽しさがあふれているということです。

いかがですか?

これは何も新人向けや若手向けというだけではなく、
管理職や幹部においても実は大切な本質なんですよね。

ぜひ、冷静に不条理を受け止める思考の整理スタンスも
もっておきたいものですよね。

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

<<お知らせ>>

『法人向けサイト』をフルリニューアル!

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ