お問い合わせはこちら

鈴木イズム

2019.05.02
「軸」は思考の整理にとどまらない

GWは後半戦に入りました。

僕は後半戦において最強だなと思える
書籍に出会ったのでぜひあなたにも
読むことをお勧めしたいのです。

苦しかったときの話をしようか
という書籍です。

 ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」

という副題があるように著者が子供向けに
進路や人生の切り拓き方について語る極めて
論理的かつエモーショナルな本です。

 

 

就職や転職活動、起業検討中でなくても
自分の「軸」の思考の整理には大変有効な
本でした。

書店に走れば平積みしていますので、
今すぐ購入してGW中に読み切りましょう!

この本の紹介はせずに、詳細はお読みいただくとして・・・

一言で言うと、進路を切り拓くときは、
やはり「軸」を自分の中にしっかりと持つこと。

これが一番重要だなぁと痛感する内容でした。

進路やビジネス展開を考える上で、
個人や会社の「軸」を持って意思決定していますか?

それとも、なんとなく?まわりに合わせて?
トレンドだから?かっこういいから?

こんな感じで、ふわっとした意思決定を
していないでしょうか?

これでは、時代の変化と共に
後悔するかもしれませんね。

ちなみに、僕は昔から「軸」を意識して
生きてきたので後悔は何もない進路の
切り拓き方を自分なりにしてきています。

僕は20歳の時に、起業しよう!と決め、
25歳で起業すべく心の準備と物理的な
準備をはじめました。

僕が新卒で就職する年に山一證券が廃業。

さらに、インターネットが米国で大ブレーク。

これだけ時代が激変するのに、
今、大手企業というだけで安定志向になるのは
違和感だらけ。

これからは個人の意思と力で好きなように
生きていける時代が来る!

こう考え、自分らしい生き方表現の
ツールとして「起業」を目指す。

これが当時の軸でした。

お金目当てでも、社長という肩書でもなく、
”生き方表現のツール”という捉え方です。

そのために、今すべきは何か?

まずは広義の意味でIT系を知らずして
ビジネスはできない。

さらに、大組織を知らずして
社会の理不尽さを身につけることができない。

また短期間で少しでも資金稼ぎをしたい。

こうなると、就職活動において自分の軸は22歳で
大学を出てから起業準備に適している環境を探す
という軸になりました。

このように、かなり早期から自分と向き合い
思考を整理し、軸を節目節目で構築して
意思決定する習慣ができました。

だからこそ、当初思い描いた像とは異なる
生活をしていても、一寸の後悔も生まれない
ものだと思います。

つまり、自分はどういう意思決定するかの前に
どういう軸を持って意思決定の材料にするのか。

ここを思考の整理で鮮やかにしていくことが、
後悔しない人生や進路を切り拓く上で
大事なんだなぁと本書を読んで思いましたよ。

僕にとっての成功の定義とは、
「後悔ゼロの人生を全うできること」なもので。。。

GWくらいは、じっくりと自分の軸と
向き合ってみませんか?

というわけで本日の思考の整理でした。

では、また(^^)/

 

<<お知らせ>>

『法人向けサイト』をフルリニューアル!

 

<特典!>

『思考を整理して自分に革命を起こす方法』 小冊子(PDF)を無料でプレゼントします!

【お知らせ】

▼「鈴木進介TV」で最新の動画を観たい方の登録はコチラから 

▼「鈴木進介の書籍一覧」はコチラから

▼「Instagram」を覗きたい方は、コチラから

ブログ一覧へ戻る
ページトップへ