はじめての方へ

この度は、弊サイトにお越し頂きましてありがとうございます。
※このサイトは「鈴木進介」個人を紹介するサイトとなります。

私がどんな想いを持って仕事をしているのかご紹介させてください。

私が目指す世界観

仕事の成否は、思考の整理で決まる

私は2000年に起業してから自身での事業の立ち上げやクライアント企業の事業支援、人材教育などを行ってきました。 クライアントをはじめ、まわりには本当に優秀で頭がよく、スキルが高い人が多いのですが、ある奇妙な現象を日々目にしていました。 それは、スキルが高く頭が良いからといって必ずしも仕事で成果を出せていないということでした。かといって、 行動力があるからといって成果が出ているかというと、決してそうでもないのです。

問題は、すべて「頭の中が整理されていないこと」にありました。

いくらスキルがあってもシンプルに本質を見極めることができなければ、頭がゴチャゴチャして立ち止まってしまいます。一方、 いくら行動がはやくても頭の中を整理せずにやみくもに動いていては的外れな結果しか出ないのです。 それ以来、各界における一流の人の思考法を研究してきました。一流の人に共通することは皆、思考がシンプルだということです。 思考を整理する習慣やルーチンを持ち、“成功の鍵”を見極め、的を絞って全力を尽くすこと。

圧倒的な結果を残す人に共通するのは「シンプル」であるということです。

昨今、企業の課題とされている「生産性向上」、個人では「メンタルヘルス」など、 思考を整理してシンプルになれば解決していたことも多いのではないか?そんなところから、 私は「思考の整理」をベースにしたビジネス支援や人材育成に着目し、個人的に2015年より「思考の整理家」という肩書をつけての講演や執筆活動をスタートするに至りました。

私の「目指す世界観」は、先が見えない時代において時代に振り回されず、感情に振り回されずに、自分らしい生き方をひとりひとりができる世界を築くこと。 また、創造的なことに頭と時間を使えるように人や企業をあらゆるムダから解放し、社会の生産性を高めること。 その手段として、コンサルティング・コーチング、研修、講演、執筆などの事業を展開しております。

全ては、ひとりひとりが「思考を整理」し、シンプルになることから始まると私は信じています。

私の仕事哲学

Think simple !

「シンプルにするっていうのは、複雑である事よりずっと難しいんだ。シンプルなものを生み出すには、思考をシンプルにしなければならないからだ。しかしそうする価値はある。そこに到達できれば、山をも動かせるからだ。」

アップル創業者 スティーブ・ジョブズ

私の仕事はコンサルティング・コーチング、研修、講演、執筆など多岐にわたりますが、ぶれない哲学とは「Think simple!」という言葉に帰結します。 スティーブ・ジョブズが名言を残したように、「シンプルさ」こそどんな戦略や戦術ノウハウよりもインパクトを持ちます。単純なことを複雑にしてしまったり、 難しく考え過ぎて堂々巡りしたりと、問題が起きるときはいつも“複雑さ”が邪魔をしているのです。常に思考を整理し、 シンプルに考えることで仕事の成果は大きく返ってくるというのが私の価値観です。

私のモチベーション

「気づきと勇気」を提供する

複雑に絡まり合った問題を解きほぐし、人や企業の問題解決を支援したい。そのときに羅針盤のような存在になっていたいと思い、生意気にも私は25歳の時に起業しました。 自分自身で何かの事業を大きく育てることも一つの選択肢だと考えましたが、起業以来自問自答を繰り返した結果出た答えは、 自分以外の人や企業に「気づきと勇気」を提供することで貢献したい。これが自分のモチベーションであり、幸せを感じる瞬間だと気づき、今に至ります。

自分が成長することも一つのモチベーションですが、それ以上に他人に喜んでもらえた時の瞬間は何ものにも代えがたいものです。気づきと勇気がインストールされるだけで、 自分が頑張る以上に多くの人や企業が自らの可能性を解き放ち、社会に良い影響力を持ちだす。これこそが、私のモチベーションであり幸福感でもあります。

バリュー

1.頭の中がゴチャゴチャして「堂々巡り」してきた時に、私をご利用ください。
2.立ち止まって「自分の状況を整理」したい時に、私をご利用ください。
3.思考を整理して「新たな決断」をしたい時に、私をご利用ください。
4.判断に迷い誰かに「話を聴いて欲しい」時に、私をご利用ください。
5.一歩踏み出す勇気がなく「背中を押して欲しい」時に、私をご利用ください。
6.新たな「気づきや学びが欲しい」時に、私をご利用ください。
7.しがらみ等で「複雑な問題を整理して欲しい」時に、私をご利用ください。
ページトップへ